絹90% 金銀糸風繊維10% 長さ4.35m(お仕立て上がり時)
柄:六通柄 耳の縫製:かがり縫い
西陣工業組合証紙No.2419 芳彩美術織物謹製
◆最適な着用時期 袷の季節(10月~翌5月)、単衣の季節(6・9月)

◆店長おすすめ着用年齢 ご年齢は問いません

◆着用シーン パーティー、茶席、コンサート・観劇、お食事、同窓会等

◆あわせる着物 訪問着、付下げ、色無地、小紋、艶感のある織きもの
西陣織ならではの確かな気品はそのままに、
決して前に出過ぎることなく、
どこか抜け感漂うハイセンスを感じさせて…
気品と洒落の卓越されたバランスを、
大変軽やかな風合いで織り上げました。

西陣は「芳彩織」の、創作性豊かな袋帯をご紹介いたします。


お持ちいただければきっと驚かれることでしょう。
このふんわりと軽く、しなやかな織り上がり…
引箔と聞いて思い浮かべるガッチリとした風合いはどこへやら。
すっとお身体に沿って馴染む、優しい締め心地をお約束いたします。

そのこだわりの地に、お柄には、
唐花の豪華な装飾に合わせてお色を分かつように、
やんわりと霞む藍白色、瑠璃色の二色による、
装飾間道が織りあらわされました。

ロマネスク調の緻密な装飾が華やぎをまといつつ、
ですが、地に馴染んだお色使いとすることで、
嫌なくどさを感じさせず、あくまで上品な面持ちに…

全体に込められた銀の引箔は、輝き控えめに少しマットな表情で、
輝くと申し上げるよりも、
全体をおおらかなベールで包み込むようなイメージ。
所作に合わせて揺れる表情が、幻想的かつ優美な表情を演出いたします。

淡い色調は、どの地色のお着物にも馴染みやすい仕上がり。
訪問着から付下げなどのセミフォーマルに向いたお着物から、
また飛び柄などの上品な小紋、大島や牛首といった
艶感のある織のお着物に合わせていただいても素敵です!

たっぷりとした織に、さりげない趣向をご堪能いただける素晴らしい作品。
ぜひこの機会にお手元にてお確かめくださいませ。
袋帯のお仕立て
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[A1G255746]-[TP:福井]-[PS:福井]-[CH:バッチ]-[文責:清水伊]-[0330019]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

prev image